●キャビテーションとは?
特殊な超音波で脂肪細胞やセルライトに空洞現象(キャビテーション)を発生させ、脂肪細胞膜を破壊し脂肪細胞を減らす事で部分痩身を可能にした新しい痩身方法です。
キャビテーションの登場により、従来の切らない痩身術のデメリットであった「効果の低さ」「効果の実感までに時間がかかる」「痛みや腫れをともなう」などが解消され、安心・安全・納得の部分痩せが可能になりました。
当院ではキャビテーションとRF(ラジオ波)を併用しさらに効果の高い施術をいたしております。

脂肪細胞を細分化させるキャビテーションの効果を高める為に、ラジオ波(高周波)によって深部から温熱効果与えます。体の中から5〜7℃の温度を上げる事でセルライトやむくみを緩和させる効果も発揮します。
特殊な超音波のキャビテーション(空洞現象)を発生させます。 まず、低い周波数のキャビテーションにより、脂肪に大きな泡を立てていきます。
次に、周波数の高いキャビテーションをあてていき大きい泡を爆発させ、同時に小さい泡を発生させます。 2種類の異なった周波数を同時に利用することで、振動に変化をつけ、泡の発生数、爆破数を増やし、脂肪細胞をなくします。
最後に、細分化された脂肪や毒素をラジオ波(高周波)による深部加温マッサージによってリンパへ送り込み、体外へ効率よく排出される状態に促します。
パックは冷やしたスポンジでふき取ります。
キャビテーション施術前
脂肪細胞が密集している状態
気泡が徐々に発生
脂肪細胞膜の破壊を始める。    
気泡破裂のにより脂肪細胞が破壊され拡大
脂肪細胞が破裂し、中性脂肪が溶け出し、リンパ液に流れこむ。
壊したのは脂肪細胞のみで、毛細血管には傷がついていないことが分かる。